幼児教育 体験談

勉強も運動も自然に馴染ませて楽しませること

私は今年3歳になった娘がいます。
娘が生まれてから自分の娘にはできるだけ運動も勉強も得意意識を持って育つように親の立場からサポートしながら育ててあげたいと思っていました。

 

まず勉強についてですが、私は自分が英語が苦手だったこともあり英語への苦手意識がある子供にならないように0歳の頃から英語のDVDを見せていました。

 

そのうちベネッセの通信講座でしまじろうの英語教材を定期購入するようにしました。

 

しまじろうの英語教材は英語をうまく組み込んだ玩具が送られてくるので、娘はそれが何なのか理解できないまま遊んでいました。

 

それがいつの間にか勝手に単語などを理解して言葉を発するようになり英語を特別のものだとは思わずに身の回りにある自然な形で馴染んでいったので
導入としては成功したと思っています。

 

次に運動面についてですが、スポーツ音痴に劣等感を持ってほしくはないと思ったので、
運動についても自然な形で運動が得意な子供に育ててあげたいと思っていました。

 

私は運動の中でも走るということは運動神経の良さの基本のように思っているので、
休みの日には娘を転んでも痛くないような芝生の公園に連れて行き走る練習をさせています。

 

ただ、それも如何に遊びの要素を持たせるかが重要だと思っていたのでその点については常に心掛けて楽しく運動をさせようと思っていました。
加えて全身運動で身体の使い方を覚えることも運動神経の発達に繋がるだろうと思い、アスレチック設備のある公園には積極的に連れて行くようにしていました。

 

その甲斐あってか今では英語の歌が大好きな活発な子供になりました。