幼児教育 Q&A

幼児教育って本当に効果があるの?

出産を終えて子供が1歳くらいになってくると考えだすのが教育に関して。
幼児教育は、ご家庭によって捉え方が様々で、「幼児のうちから勉強などさせずに、外で伸び伸び遊ばせることが大事」と考えるご家庭と、「幼児の頃から勉強を楽しませてることで、将来的に能力を伸ばしていける。」と考えるご家庭の2つに別れます。

 

当サイトは、幼児教育の悩みや疑問などを解説し、体験談などを踏まえて子供に学習する楽しさを知って欲しいという思いがあります。
おそらくこの幼児教育のQ&Aサイトに辿り着いたならば、少なくとも幼児教育に関心があるご家庭や親御さんではないでしょうか。

 

確かに、子供を外で遊ばせることや、人と接することを重きを置くことは非常に重要ですし、欠かせないものです。その上で、幼児教育をどのように学ばせればいいのか?どのような幼児教育が自分の子供に合っているのか?子育てと幼児教育との悩みなど、様々な疑問や不安に答えるサイト作りを目指していきます。

 

もうすでに幼児教育に通わせている、学ばせているご家庭や、これから子供の能力を開発させてたいという親御さんに役立つ情報を発信してきます。

 

子供に幼児教育を学ばせる事

 

人間の能力は幼児期の内に作られる。とも言われます。真意は定かではありませんが、子供の年齢が幼い程そういった努力や訓練をしていた事は、将来的に役立つのではないでしょうか。

 

例えば、英語の発音は幼児期の内に慣れ親しんでいれば、子供が成長した時にすんなり英会話ができるようになるといわれています。また、楽しく勉強する習慣を幼児期から覚えていれば、成長した時に勉強が好きな子供になりやすいともいわれています。

 

0歳から3歳までの幼児は、特に可能性に満ち溢れるています。新しい物を見て、音や音楽を聴く、様々なものに触れるなど5感を使って様々な事を学んで記憶し吸収していきます。それは大人には比べ物にならない程の吸収力があります。

 

いろんな物事を吸収していく時期だからこそ、新しい物を学び、吸収させることで子供の能力が開花しやくすくなります。
公園で遊ぶことや子供同士で遊ばせることも刺激になり成長に大いに役立つでしょう。そして更に幼児教育を取り入れる事で、それだけでは足りなかった子供能力を開花させる一翼になるかもしれません。

 

また、幼児教育を考えておられる家庭では、有名私学の幼稚園、小学校、国立幼稚園などの進路を視野に入れていることが大半です。良い学校に我が子を入園・入学させたいと思う親御さんは多いですね。

 

 

幼児教育の種類や形態

 

幼児教育の種類は様々。勉強を学ぶ幼児教育から、英語・英会話教室、音楽教室、水泳教室、体操教室などいろんなジャンルがあります。特に知育や受験を目指した幼児教育は一番人気が高いですね。幼児教育には、実際に教室に通うものや通信講座などがあります。

 

しっかりと直接指導されて学ばせたいというご家庭は、幼児教室に通わせることが多く、家事や共働きのご家庭には通信教育などが選ばれております。例えば英語ならばディズニーの英語教材や、勉強学習系ならば、右脳教育で有名な七田チャイルドアカデミーが通信教育で学べる「はっぴぃタイム」などが評価が高いです。

 

子供にどう成長して欲しいかという教育理念や、家庭の環境や状況から、どのような幼児教育を学ばせるか、教室に通うか通信教育を受けさせるかと、家庭によって変わってきます。

 

幼児教育を学ばせたいと思われているならば、一度、子育てや教育方針、ご家庭の状況や環境などを今一度確認してから家庭にあった幼児教育を選ぶ必要があります。